推古天皇

 

【推古天皇】聖徳太子と時代を作り上げたアジアで最初の女帝!

才色兼備だったらしいよ

 

推古天皇は554年から628年まで即位した日本の第33代天皇です。

女性君主は当時の東アジアでも今まで見られなかったんです。

諱(いみな)は額田部皇女(ぬかたべのひめみこ)で、日本書紀では豊御食炊屋姫尊(とよみけかしきやひめのみこと)と称されています。

日本書紀では容姿端麗で頭も良く、政治力も優れていたと記録されています。

 

第29代欽明天皇の皇女で、第30代敏達(びだつ)天皇は異母兄であり夫です。

ん?兄で夫?

そうなんです。古代天皇家の大きな特徴として、強い閉鎖性があげられます。

 

古代王権は近親婚によって血の結束力を高めようとしていたのです。

皇族男性は外部から妃を迎えることはありましたが、皇族女性はほぼ皇族男性と婚姻関係を結んでいました。

 

外国の場合、外交の手段として敵対する国との政略結婚は古くからありました。

しかし日本は島国であり、積極的に海外の王権との交流もとっていませんでした。

むしろ結婚相手を限定していくことで権力を強めていったのです。

 

この流れが終わるきっかけとなったのは、藤原氏の台頭です。

藤原不比等が天武天皇の妃であった五百重姫と結婚し、子供を授かったのです。

その後、皇族女性との結婚を藤原氏は進めていきます。

 

さて、話を戻しまして、その夫である敏達天皇が崩御します。この時推古天皇は34歳。

敏達天皇との間には、聖徳太子の妃である菟道貝蛸皇女(うじのかいたこのひめみこ)や竹田皇子、小墾田皇女など2男5女を授かっています。

 

その後即位した用明天皇も2年後に崩御。次の天皇の座をめぐり穴穂部皇子を推す物部守屋と泊瀬部皇子を推す蘇我馬子の間で戦いが起きます。

結果は蘇我氏の勝利。それにより崇峻天皇が即位することとなりました。

しかしなんと、今後は崇峻天皇と蘇我馬子が揉めるのです。崇峻天皇は馬子の指示で暗殺されるのでした。

 

荒れてるなあ。「日本の歴史」を読んでいても、この時代はこんな争いがずっと続いています。正直読んでて疲れました。

その後に即位するのが額田部皇女です。39歳で推古天皇として史上初の女性の大王となったのです。

 

推古天皇の政治力がすごい

推古天皇は即位してすぐ、甥の厩戸皇子を皇太子とし、側近として一緒に政治を始めます。

ここから推古天皇の絶妙なバランス感覚が発揮されていきます。

厩戸皇子と蘇我馬子のパワーバランスを保ちつつ、豪族の反感を買わないように政治を遂行していくのです。

馬子に対しても、そのバランスを崩すような行為に対してはビシッと戒めています。

【聖徳太子】謎多き伝説の賢人は実は存在していなかったかも?!

 

推古天皇の時代に制定されたものとしては、冠位十二階、十七条憲法、遣隋使などがあげられます。

細かくは諸説あるのですが、とりあえず。

 

冠位十二階は603年に制定され、648年まで続きました。

日本で初めての官位制であり、これにより人材登用の制度がスタートします。

大徳から小智までの12段階によって順位付けされ、それぞれ冠の色で見分けるようになっています。

人材登用だけでなく、諸外国に「日本もこんな制度を取り入れて進んでいるんだぞ」というアピールも兼ねていたそうです。

 

遣隋使として有名な小野妹子は607年に隋に派遣されました。

それまでも中国に使節は派遣されていましたが、初めて日本の独立を強調する目的での使節でした。

小野妹子の冠位は大礼でした。

 

なんでも隋の皇帝煬帝からの返書を帰りに無くしたそうです。どんなドジ…。

本来なら流刑モノの大失敗ですが、推古天皇の恩赦によって不問となりました。

その後妹子は大徳にまで出世しています。よかったねえ。

 

十七条憲法は604年、推古天皇12年に作られたと日本書紀には書かれています。

内容としては、現代の憲法のようなものではなく、貴族や官僚たちの道徳的な教えが記載されたものとなっています。

礼の大切さを説いていたり、仏・法・僧の三宝を大切にしましょうであったり、勧善懲悪について古来からの良い規範であるといった内容で書かれています。

 

622年に聖徳太子は49歳で死去します。その4年後には馬子も死去。

推古天皇は75歳という当時ではかなり長寿な年齢で崩御されました。

陵は大阪府の太子町にある磯長山田陵(しながのやまだのみささぎ)に治定されています。

ここは子の竹田皇子も埋葬されています。

 

奈良と推古天皇

法隆寺

法隆寺は用明天皇が自らの病気平癒を祈願して建立しようとしたお寺です。

推古天皇と聖徳太子がその意思を継ぎ607年に完成させました。

 

豊浦宮跡

明日香村にある豊浦宮跡は推古天皇が即位した宮殿跡です。

日本で最初か2番目くらいに建立されたお寺だそうです。

その後衰退し、江戸時代には同じ場所に向原寺が建立されました。

 

横大路

橿原市にある横大路は、推古天皇が開通させた道です。

この道が完成したことで、飛鳥の宮から難波までの道がつながり、外交の使者の行き来も活発になったのです。

現在では今井町のレトロな街並みに貢献しております。

 

ソラニ満ツの「推古天皇」

推古天皇Tシャツ

もちどのセンター街で場所を借りて初めて出店した時、第一号で売れたのがこのTシャツなので、めちゃめちゃ思い入れがあります。

買ってくれたのは、中国人観光客の女の子でした。

これといった会話もなくあっさり買ってくれたので、嬉しいの前にびっくりしました笑。

 

お会計している時が一番嬉しさが込み上げてきましたね。

一緒に記念写真撮ったらよかったなあ。